バーエンドシフター (bar end shifter、 bar-end gear shifter)




概要
ハンドルの管端に付けるシフター
前ディレイラー用及び後ディレイラー用がある。
用途
1990年初期にSTIが出現するまで、ドロップハンドルに使われていたが、現在も使われている。
エアロバー及びリカンベントUSSハンドルに使用できるが、操作上平ハンドルには向かない。
サイクロクロスバイクトライアスロンバイクタイムトライアルバイク及び旅行車などに使われることがある。
機械式
8段、9段、10段及び11段用がある。摩擦シフトインデックスシフトの切り替えができる形もある。インデックスが故障したときは、摩擦に切り替えて使う。
電気式
シマノDi2はボタンで操作する。
カンパニョーロEPSはレバーで操作する。レバーを押すと変速が始まり、離すまで続く。レバーのみ中立位置に戻る。
取付
ハンドルへの固定方法の一例は、ハンドルの管端にシフターの幹部を差し込んで六角レンチでねじを締めると、幹部が広がり固定される。
使用できるハンドル管端の内径は、19~22mm(シマノ製の場合)。
材質
材質はアルミ合金及びCFRP(俗に言うカーボン)など。
メーカー
シマノヨシガイ (Dia Compe )AD-? EngineeringCampagnoloJtek EngineeringSRAMSR SuntourZipp Speed Weaponry 、など。