PR: 自転車パーツ売れ筋ランキング

リムブレーキ (rim brake)

概要
リムを両側から締め付けて制動するブレーキの総称。
種類
種類はカンチブレーキVブレーキおよびキャリパーブレーキなどがある。ブレーキアームロープ(ケーブル)で引く位置によって、中央引きおよび側引きがある。 フレームへの固定点が中央1箇所の形および左右に分かれている形がある。
一つのブレーキレバーで後輪及び前輪のブレーキを掛ける方式としてシングルレバー がある。
構成
ブレーキの構成要素は、キャリパー(アーム)、ブレーキシューおよびブレーキパッドである。クイックリリースの付いている形もある。
特徴
ディスクブレーキに比べて、軽くかつ安価であるが、水(雨、雪)および泥の影響をより受ける。
特にメッキをした鋼製リムはアルミ合金リムよりも水による摩擦係数の低下が大きい。
力の伝達
ブレーキレバーよりリムブレーキに力を伝達する方式としてはロープで伝達する機械式が一般的であるが、稀にブレーキ作動流体の圧力として伝達する流体式(右端写真)もあるが価格は高く、ブレーキ作動流体を必要とする。 これは主にマウンテンバイクに使われることがある。
リコール
Trekは2013年Madoneモデルの前ブレーキのクイックリリースのボルトが弛み、ケーブルクランプが外れることがあるとして、6800台をリコールした。
参考資料
ブレーキ
PR: 自転車用パーツランキング