テーパーヘッドチューブ (tapered head tube)

概要
テーパー頭管。テーパーの付いた頭管(ヘッドチューブ)。上から下へ太くなっている(右図の黄色の説明線)。
炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)のフレームに使われることがある。
一例
例えば、上部は標準的な28.6mm(1-1/8”)であるが下部は31.8mm(1-1/4”)又は38.1mm(1.5”)と太くしている。
利点
頭管下部が太くなるので、頭管に連結するく下管(ダウンチューブ)を太くすることができる。
フォークのクラウンを大きくして強度を上げることができる。
立ち漕ぎなどにおけるフレームおよび操縦管の強度と剛性を上げることなどを意図している。
欠点
フォークの操縦管も下から上へテーパーが付いた形(テーパーステアラー)を使わなければならない。
ヘッドセットは上部軸受と下部軸受でサイズを変えなければならない(テーパーヘッドセットを使う)。