頭管 (head tube)

概要
フレームの最前部にあって、ヘッドセット及び前輪フォークの、操縦管が差し込まれている長さ150mm前後(100~230mm)の管。
サイズ
頭管のサイズを表1に示す。
ヘッド角
トレイルを作るために傾いている。水平との傾き角(ヘッド角)は、ロードバイクでは71°~76°
そしてマウンテンバイクでは67°~74°となっている。
長さ
頭管の長さは頭管長と呼ばれる。
表1 頭管のサイズ
操縦管呼び外径 ヘッドセット呼び寸法 頭管呼び内径
1インチ(25.4mm) 1インチ JIS 28.8mm
1インチ ISO 30.0mm
1インチ BMX 32.5mm
1-1/8インチ(28.6mm) 1-1/8インチ 33.8mm
IS 1-1/8インチ 41.1mm
ヒドゥンセット 41.9mm
ゼロスタック 43.9mm
1-1/4インチ(31.8mm) 1-1/4インチ 36.8mm
1.5インチ(38.1mm) 1.5インチ 49.6mm

フレームが大きくなると長くなる。
テーパー
頭管を上から下へ広げたテーパーヘッドチューブ(テーパー頭管)がある。
工具
頭管の端面を切削する工具として、頭管フェーシングセットがある。
頭管にヘッドセットの上下のカップを圧入する工具として、ヘッドセットプレスがある。
ヘッドバッジ
商標を示すために、頭管の前方に独自のヘッドバッジを付けている自転車メーカーがある。
リコール
(1) Avanti Bicyclei社は、頭管が破損する恐れがあるとして、リコールをしたことがある。
(2) Redline Bicycles社の頭管がフレームから分離する可能性があるとして2010年にCPSCは、
同社にリコールを命じた。