スネークバイト (snake bite、snake bites)

蛇噛みのこと。スネークはへびそしてバイトは噛むこと。パンクの一形態。横断歩道の段差オフロードの岩及び倒木などにより、タイヤチューブリム両端に押し付けられてできる小さな2つの穴(パンク)。 蛇が2つの牙で噛んだような感じになることから1950年代に名づけられた。このパンクによる空気抜けは早い。 タイヤの圧力が十分でなく、タイヤが柔らかいと起こしやすい。ピンチフラット又はリムカットとも呼ばれる。蛇が人などを噛む(バイト)こともスネークバイトと呼ばれる。