緩衝器 (shock absorber)

概要

マウンテンバイクフレームなどに付けて地面からの衝撃を吸収する装置。

原理

衝撃が加わった時は、ばね及びシリンダーの中のピストンで受け、その動きで作動油を小さな穴を通して高速で押し出し、流体の摩擦熱で衝撃のエネルギーを熱に変えて吸収する。

負の側面

オートバイのような動力を持つ乗り物では問題にならないが、人力を動力とする自転車では、重さの増加や走行動力の吸収といった負の側面がある。ただし、人力を必要としない丘下りでは問題はない。