セラミック軸受 (ceramic bearing)

概要
窒化珪素(Si3N4)セラミックスを少なくとも転動体(セラミックボールなど)に使った軸受。 左写真は軸受内部の保持器およびセラミックボール(玉)。
外輪及び内輪もセラミックにした軸受(フルセラミック軸受)もある。
転動体はセラミック製で外輪と内輪が鋼製の軸受はハイブリッド軸受と呼ばれることがある。
用途
セラミック軸受を使ったハブボトムブラケットおよびプーリがある。
特徴
良質のセラミック軸受の特徴は:
1. 鋼球軸受より軽く加速性が良い(セラミックボールは鋼球より約40%軽い)。
2. グリース等の潤滑油が少なくてよく、かつ温度上昇が少ないので潤滑油の劣化が少なく寿命が長い。
3. セラミック球は鋼球よりも硬く磨耗が少ないので寿命が長い(ビッカース硬さで鋼球の約倍の硬さ)。
4. セラミック球の表面は滑らかなので、摩擦損失(転がり抵抗)が少なく、軽く回ると同時に発熱が少ない。走行速度30km/hにおいて動力は約0.5W少ない。
5. セラミック球は真円度が大きく、かつ表面が滑らかなので振動が少ない。
6. 高価。
メーカー
American ClassicBoca BearingCeramicSpeed 、など。