ロウ付け (brazing)

部品間(ラグフレーム管など)のすき間に、その鋼材より融点の低い黄銅などのロウ付けワイヤーをバーナーで溶かして流し込んで結合する加工。
異種金属が接合できる利点がある。
なお、接合部の強度を確保するために、部品間のすき間は、軽くたたいて入る程度とする。
その程度のすき間でも、ロウ(溶かした金属)は、毛細管現象で流れ込む。
ロウ付け箇所にはフラックスを塗布しておくと、流れ込み易く結合しやすい。
ラグフレーム溶接フレームより歴史が古い。溶接フレームはコストダウンのために導入された。