PR: 自転車パーツ売れ筋ランキング

ペダリング効率 (pedaling efficiency)

ペダリングにおいて、筋肉が出した動力のうち、ペダル(クランク)の有効動力となった割合。式で表すと、
ペダリング効率 [%] = 100 x (クランク動力)/(筋肉動力)
ペダリング効率が70~90%であれば、非常に効率の良い部類に入る。次の動作および姿勢によって、ペダリング効率および動力を大きくすることが出来る。

  • 上死点およびその前後において、ペダルを前方に押す。
  • 下死点およびその前後において、ペダルを後方に引く。
  • 戻り行程において、ペダルを引上げる。
  • 乗車姿勢を適切にする。
参考資料 ペダル行程
PR: 自転車用パーツランキング