フレームジグ (frame jig、frame building Jig)

フレーム溶接ロウ付け又は加工を行うために、それらの構成要素を正確な位置に固定する装置。
治具(じぐ)という当て字が使われる。フレームの両側から作業ができるよう垂直に固定する形が一般的であるが、水平に固定する形もある。
各種のフレーム仕様に合わせた、管などの位置決めのための固定並びに寸法および角度の調節ができるようになっている。
単純なものから複雑なものまであり、その構成は多種多様。










ほとんどは、フレーム製作業者が独自に作ったものであるが、市販品もある。
趣味用に販売している木製ジグがある。
フォークのジグであるフォークジグもある。
メーカーは、Anvil BikeworksArctos JigsBringheliJiggernaut 、など。