計算流体力学 (Computational Fluid Dynamics)

CFDとも言う。コンピュータ及びソフトウエアをを使って数値モデルの空気の流れなどをシミュレーションする。空気の流れを可視化できるのが一つの利点。
風洞よりも安価。風洞で得られないデータが得られることもある。
試作後に風洞で確認することもある。
右図はヘルメットを着用しないでタイムトライアルバイクに乗って走行している時の空気の流れ及び空気抵抗をコンピュータで計算して画面に表示したもの。
この例ではエアロヘルメットを着用したときの計算画面と比較する。
左図はエアロリムの空気の流れのシミュレーション画面。
計算流体力学をビジネスとしている業者がいる。
計算流体力学を行う市販のソフトがある。
2次元の解析を行うソフト及び3次元の解析を行うソフトがある。