サドルノーズ (saddle nose)

サドル鼻。サドルの先端の幅の狭い部分。
ノーズは、高速での曲がり(コーナリング)などでの制御および落下防止などのために必要。
UCI規則では、サドル長は240~300mmとしており、これはノーズの必要性を暗に示している。