バンジーコード (bungee cord)

ゴムなどの複数の弾性体を束ねて、ナイロンなどで織ったコードを被せた外径6mm程のひも。荷台などに引っ掛けるために、片端または両端にJ形またはS形のフックが付いている。 一端はバンジーコードを小さく丸めて引っ掛けられるようにしたものが多い。
固定端の外れ又はコードの切断によって25m/sとも言われる高速で跳ねて目に当たり失明した事故例などが報告されている。 そのため、米国医学協会(American Medical Associations)は、商品に警告表示をするように求めている。
眼科医によっては、バンジーコードを使わずロープを使うよう、使う場合は取付取り外し時には保護眼鏡をするよう指導している。