つま先オーバーラップ (toe overlap、wheel toe overlap)

つま先接触。ハンドルを切ったとき、前輪の泥よけまたはタイヤがつま先に当たること。フレームサイズが小さく、従って上管長の短い(具体的にはフロントセンターの短い)フレームなどで、低速のためハンドルの切れが大きいと起こすことがある。
対策としては、フレームサイズが小さくフロントセンターの短い自転車は、650Cなどの小さいタイヤを使うことなどがある。
しかし、本来、つま先オーバーラップ(つま先接触)を起こさないよう、つま先すき間(トウクリアランス)がなければならないので、設計ミスと考えられる。