TIG溶接 (tungsten inert gas welding)

タングステン電極を使い、アルゴン又はヘリウムなどの不活性ガスを保護ガスとして溶接部に吹き付けて行う溶接
電極と工作物の間でアークを発生させて工作物及び溶接棒を溶かす。
電極の直径は0.5~6.4mm。
不活性ガスはガスボンベからホースで不活性ガスノズルへ供給する。
保護ガスで溶接部をおおうため、不純物の混入しない高品質の溶接ができる。
右図はTIG溶接機の一例。電極及びガスノズルが溶接トーチを構成している。