PR: 自転車パーツ売れ筋ランキング

立管クランプ (seat clamp、seatpost clamp、seattube clamp)

概要
フレームの立管(シートチューブ)の上端に差し込んで立管を締め付け、サドル支柱を立管に固定するC形またはΩ形の部品(赤矢印)。
立管の上端は長手方向の切り欠き(立管みぞ)があり、立管クランプで締め付けると内径が小さくなり立管にサドル支柱が固定される。
型式
クランプの締付けはクランプボルトとナットの組合せで行う形、及びクイックリリースで行う形(クイックリリースシートポストクランプ)がある。
取付け向き
立管クランプのみぞ位置は、立管のみぞ位置に対して180°ずらして取付けることが望ましい。
固定方法
クランプボルト(シートポストボルト)は六角レンチなどの工具で回すもの、および付属のレバーで回すものがある。
ダボ付き
後荷台(キャリア)を取付けられるように、雌ねじの付いたダボ付きと呼ばれる形(左から2番目の写真)もある。
メーカー
AzonicDKGEnigma TitaniumHopeJD ComponentsKalloyKona BikesProblem SolversProfile RacingSalsa CyclesSelcofSupercross BMXUltimate Sports EngineeringVan Nicholas BicyclesWoodman ComponentsXi’an Changda Titanium Products 、 など。

PR: 自転車用パーツランキング