縦弾性係数 (modulus of elasticity)

物体に加えた力(応力)とそれによる変形量(ひずみ)の比。式にすると、 縦弾性係数 = 応力/ひずみ。
縦弾性係数が小さいと、小さい力で大きな変形が生じることを示している。縦弾性係数が大きいと、剛性が大きい(高剛性)。
炭素鋼の縦弾性係数と比較すると、アルミ合金は約1/3そしてチタン合金は約1/2であるから、いずれも炭素鋼より剛性が小さい。