サングラス (sunglasses)

概要
直接に目に入る日光を避けるため、 かつUV(紫外線)を遮断するめがね。色眼鏡ともいう。
フレーム
レンズ全体を覆ったフルフレーム、レンズの上方のみを覆ったハーフフレーム及びフレームがなくイヤーピースが直接レンズに付いているノーフレーム(フレームレス)がある。 フレームは硬いもの及び柔らかいものがある。
アジア人用及びヨーロッパ人用を作っているメーカーもある。アジア人用は鼻の前の部分(鼻ブリッジ)の幅が狭い。女性用の形もある。
鼻パッド
鼻で支持するための鼻パッド(ノーズパッド)が付いている形が多い。
鼻の大きさに合わせて、パッド間隔を調節できる形がある。
フレーム材質
ナイロン及びカーボネイトなど。
レンズ材質
ポリカーボネート(ポリカーボネイト)など。偏光レンズとなっているものは、反射光を遮断する。
レンズ色
レンズの色はいろいろある。用途及び季節に応じて透明を含め3~4種類の色のレンズの交換ができるものもある(上のイメージ図)。
レンズ色が濃いサングラスをかけると、人相が悪くなる。色が濃いと瞳孔が開き、より多くの紫外線が入るという説がある。フォトクロミックレンズもある。
レンズ形状
(1) 横からも光が入らないよう湾曲させてレンズが横まで伸びているものが多い。この湾曲は斜め前方に見える物が変形しないようにする効果もある。
(2) 左右のレンズの上部角に換気口(ベント)を設けた形がある。少量の空気がレンズの背面に流れ込み、霧などによるレンズの曇りを防止することを意図している。
(3) サイクルコンピューターなどが鮮明に見られるように、レンズ下部に拡大域(拡大レンズ)を設けた形がある。
可視光線透過率
レンズの可視光線透過率(VLT)は、15~25%のものが多い。
サイクリングめがね
オフロードを走る場合などは、サイクリング用のめがねをかけることがある。
そして、低木の枝、他人や自分の自転車が跳ねた小石や泥および昆虫から目を保護する。
(3) 蛍光性とし、後部にLEDランプを付けた形がある。
18~46g。構造、形状、厚さ及び材質などで変わる。
衝撃試験
レンズの上に鋼球を落下させて、衝撃試験を行っているメーカー(Oakley)がある。右図の2本の赤矢印は鋼球の落下跡を示している。
メーカー
オージーケーカブトシマノフォーナインズ山本光学720armourAdidasAspexBBB Bike PartsBloc SystemsBollé EyewearBrikoCarnac SportCarreraCébéCratoni helmetsDragon AllianceDual EyewearElectric VisualEnduraFox HeadFreelap AustraliaGiroLimar
Manby International SportswearMa.Ro Group(SH+)NorthwaveOakleyPolaris ApparelPorsche DesignPro-LiteRudy ProjectRyders EyewearSaliceSerfasScott SportsSmith OpticsSpiukSpy OpticSundog EyewearTifosi OpticsTrans-Global Sports(Sunwise)Uvex SportsVelorbis 、など。