水平つめ (horizontal dropout)

チェーンステイの後端にあり、後輪ハブ軸を付けるために切り込みを設けた金属製の板で、切り込みが水平または水平に近い形。
ハブ軸を前後に動かしてチェーンの張りを調節できる。ディレイラーの付いていない自転車に必要。 シティ車内装変速機付き及び単速の自転車に使われる。ディレイラーの付く形は、右つめにディレイラーを付けるハンガーが付いている。つめの開口が後方に向いている形は、正つめ、そして前方を向いている形は逆つめと呼ばれる。