セミスリックタイヤ (semi-slick tire)

半スリックタイヤ。セミは半分という意味。タイヤの接地部(トレッド、踏面)の中央部は滑らか(スリック)であるが両端には突起などの模様があるタイヤ。 硬い道を直進する時は転がり抵抗を減らし、オフロードの柔らかい道のコーナリングなどにおいてブロックタイヤの働きをさせるタイヤ。 主に、マウンテンバイクに使われる。
舗装路の曲がり(コーナリング)においては自転車が傾き、突起部が路面に当たるので滑りやすい。
センタースリックタイヤまたはハイブリッド(雑種)タイヤとも呼ばれる。