サドルセットバック (saddle setback)

概要
サドル後退。ボトムブラケット(BB)芯からサドルノーズ先端までの水平距離(右図)。
ロードバイクのサドルセットバックは脚長が長いほど大きくなり、40~90mm。
調節
セットバックは、サドルレールを固定しているサドル支柱サドルクランプのボルトを緩めて、サドルを前後に移動することによって調節できる。
位置
サドルセットバックは、クランク水平位置において、ひざの皿(膝蓋骨)の下にペダルの中心が来る位置とする。 この中立位置から自分に適した位置に調節する。例えば、長距離競技用なら中立位置からサドルを10mm後へ動かし、スプリントなど加速を重視する場合は10mm前へ動かすなど。
規則
UCI規則では、サドル後退(セットバック)は最小50mmと規定している。