サドルクランプ (saddle clamp)

概要
サドル(具体的にはサドルレール)をサドル支柱に固定するための部品。 サドルの前後位置および前後の傾き角度が調節できるようになっている。やぐら又はシートクランプ とも呼ばれる。
仕様
レールクランプ側と本体側の回転接触部で滑らないように、セレーション(鋸歯状)が付いた形がある。
サドルレールをつかむクランプ部のつかみ幅は40mm程度。
サドルのレール間隔、レール径並及びサドル支柱外径に適合しなければならない。
サドル支柱と一体になったもの及び独立のものがある。オフセット目盛り及び傾き角度目盛りが付いた形がある。
固定するボルトの本数によって、 1ボルトシートポスト 及び 2ボルトシートポスト がある。
リコール
Trek Bicycleは2011年にクランプボルトが破損する可能性があるとして約27,000台の自転車をリコールした。
メーカー
Brooks EnglandRitchey DesignScott SportsVelocite Tech 、など。