パイプカッター(pipe cutter、tube cutter、tubing cutter)

小さい2個のローラと円盤刃(直径10~15mm)で管をはさんで、カッター(従って刃)を管の回りに手で回して、切粉をほとんど出さずに直角に切断する。 その際、つまみを間欠的に少しずつ回して刃を管に押し込んでいく。
刃は鋼管用及びアルミ管用などがある。刃は替刃と交換できる。
切断できる管径は、メーカー形式により3~32mm、16~50mmなど。
ハンドルサドル支柱及び操縦管などの切断に使えるが、一般には弓のこが使われる。 なお、油圧ディスクブレーキの油圧ホース(流体ホース)を切断する工具としては、ホースカッターがある。
メーカーは、ホーザンJ.H. Williams Tool GroupLifu BicycleReed Manufacturing CompanySyntace 、など。