OSB (offset spoke bed)

偏心スポーク壁。左右のスポーク張力を等しく大きくして車輪の剛性を上げるために、スポークの付く内壁(ベッド)を左に偏心させた(リム)。
一般には、オフセットリムと呼ばれる。 スプロケット群の存在によって小さくなった右スポークの傾き角(プレース角)を大きくすることにより、車輪の横剛性の低下を少なくする。 車輪の左右(駆動してない側及び駆動側)のスポーク張力も近づく。マウンテンバイクのリムなどに使われることがある。