往復空気入れ (double acting pump)

ミニ空気入れなどにおいて、押しと引きの両方においてタイヤに空気が入れられる空気入れ。単動の空気入れの約半分の操作回数で空気を入れることが出来る。往のシリンダー(外筒)の中に復のシリンダーが入っているという複雑な構造となっているため、製造原価は高くなる。