内拡ブレーキ (internal expanding brake)

一対の円弧状ブレーキシューを回転ドラムの内面に押し付けて制動するブレーキ。
シューの一端はピンの回りに回転する。
ブレーキ操作によってケーブル(ロープ)によりカムレバーが引かれ、一対のシューを広げシューをドラム内面に押し付ける。
ドラムブレーキ及びサーボブレーキとも呼ばれる。
右図は内部構造を示しているが、回転ドラムは外してある。
回転ドラム外面をバンドで締め付ける形はバンドブレーキと言う。