PR: 自転車パーツ売れ筋ランキング

戻しばね (return spring)

概要
ディレイラー及びキャリパーブレーキを操作した後に元の位置へ戻すためのばね。
ディレイラー
前ディレイラーおよび後ディレイラーなどに使われているが分解しないと見えないものが多い。
その戻し機構に応じて、各種のばねが使われているがねじりコイルばねが多い。
ディレイラーにおいて、チェーンを大スプロケットから小スプロケットへ移すときは、シフトレバーを動かす手の力でロープ(ケーブル)を介して動かすが、大スプロケットから小スプロケットへの移動は、手の力で動かした時に貯えられた、戻しばねの力で行う(その逆もある)。
戻しばねの力を調節できるようにした形もある。
ばねの力を強くすると戻りはスムーズに行くが、行きのレバーは重くなるので、自分に合った妥協点を見つける。
ブレーキ
右図は某社のシングルピボットブレーキの戻しばねを示す。
ブレーキを掛けた後は戻しばねでキャリパー及びリムブレーキパッドをを元の位置に戻す。
参考資料 低ノーマルと高ノーマル

PR: 自転車用パーツランキング