モーダルシフト (modal shift)

輸送手段を転換すること。輸送手段としては、電車(在来線、新幹線、路面電車およびモノレール)、バス、自動車、自転車、トラック、飛行機および船などがある。
転換の目的は、(1)二酸化炭素の排出量を減らして温暖化対策とすること、および(2)輸送費を削減すること(トラックから鉄道への転換など)、などがある。
オランダなどは1960年代に交通渋滞および大気汚染対策として、自動車から自転車への転換を推進して効果をあげた。
その手段の一つとして、自転車レーンの整備が大規模に行われた。 自動車から自転車への転換を推進している先進国の自治体は多い。カーフリーデイがある。