LSD (long slow distance、LSD)

  • 運動
    低速で長距離を走ること。低速とは主に有酸素運動の速さ。長距離とは時間にして90分以上の距離。薬品のLSDと区別するために、LSD走行と言うのが一般的。
    自転車走行の基本訓練(主に持久力の向上。併せ瞬発力の向上も見られる。)として使われる。マラソンおよびスキーなどのスポーツにおいても使われる用語。
    参考資料 有酸素運動と心拍数」 「脂肪消費率計算器
  • 薬品
    リゼルギン酸ジエチルアミド。精神分裂症状のもとに強い幻覚を起こす薬品。独語Lyserg Säure Diäthylamidの頭文字。