加工硬化 (work hardning)

金属の冷間加工による変形で結晶のすべりが生じ、そのすべり面に対する抵抗が大きくなることにより金属の硬さが増すこと。加工硬化により強度も増すので、必要な強度内で部品を薄くして軽くすることも出来る。