放射組み (radial racing、radial spoking、radial spoke pattern、radial spoke racing、radial pattern、radial wheel)

ハブから放射状にスポークを出すホイールの組み方。スポーク公差数は零で、スポーク長が最も短い。
ホイールの横剛性がやや高くなることおよびスポークが短いので幾分軽くなるのが利点。
スポークによるトルク伝達の無い前輪に主に使われる。スポークによるトルク伝達が必要な後輪には弱く、トルク伝達力の大きい接線組みが有利。
接線組と対峙する用語。接線組みより構造が簡単で、歴史的には接線組みが考案される(1874年)以前からあった。