はとめ (eyelet)

概要
アルミ合金製リムスポーク穴に入れて、穴の縁を補強するはとめ(鳩目)状(フランジの付いた円筒状)の金具。
両はとめ(ダブルアイレット)と対比させるために、片はとめ(シングルアイレット)と呼ばれることがある。片はとめが多い。
特徴
(1) スポークの張力によって、ニップルがスポーク穴を広げて通り抜けないようにニップルを受け止める。
(2) 走行中の衝撃等によるニップル座部のへこみを防止する効果もある。へこみはリム張力の減少をもたらす。
(3) スポーク張力をはとめ周囲のリムに分散する働きがある。
(4) 車輪組みなどでニップルを回すときの、滑らかな面となり均一なスポーク張力を得やすい。
(5) はとめを付けない場合は、スポークの穴部のリムの肉厚を厚くする必要がある。鋼製リムはニップルを支持する強度が大きいのではとめは必要ない。
材質
ステンレス鋼又はニッケルメッキ又はクロムメッキした黄銅など。