ハンガー下がり (hanger drop)

英国の用語で、前輪と後輪の軸心を結ぶ直線とハンガー(ボトムブラケット)芯の垂直距離。 ハンガー下がりはコーナリング(曲がり)において、ペダルが地面に接触するときの傾き角に影響する。ペダル接地角は25゜以上でなければならない(JIS D9301、一般用自転車)。 経験上、許容できる傾きなどから決める。オフロードを走るマウンテンバイクは、岩などがペダルに当たらないようハンガー下がりは小さくなっている。 タイヤ外径およびクランク長などが関係する。人体の寸法はクランク長などから間接的に影響する。米国ではボトムブラケット下がりと言う。
参考資料 コーナリングの傾き