ダブルバテッドチューブ (double butted tube)

ダブルバテッド管。中間部よりも両端の肉厚を厚くした管。フレーム管の場合は、端部肉厚は0.9~2.8mmそして中間部肉厚は0.5~1.6mm。
管内面で肉厚を大きくした内バテッド管(インターナリ バテッド チューブ)および管外面で肉厚を大きくした外バテッド管(イクスターナリ バテッド チューブ)がある。
内バテッド管は段付き部が内部にあるので、外観はすっきりしている。 外バテッド管は同じ強度で軽く(肉厚を薄く)できるが生産原価は高くなる。
稀に、サドル支柱に使われることがある。