ダイキャスト (die casting)

溶融した金属を高圧をかけて金型に流し込み成型する製法。ダイカストとも言う。
金属としては溶融して流し込みやすいアルミ合金、亜鉛合金および銅合金などが使われる。チタン合金が使われることもある(左下図のクランク)。
寸法精度は金型の0.2%前後。成型後の機械加工を全く必要としないか又は部分的な加工ですむ。
ダイキャストで作られることのある自転車部品は、ハブシェル本体(左上図)、クランク(左下図)、 平ペダル
ブレーキレバーハンドルステム及び子供自転車フレームなど。
右図はダイキャスト機械の一例。
日本ダイカスト協会