クロス組 (cross lacing、cross spoking)

交差組および接線組(タンゼント組)と同じ。スポークが交差する車輪の組み方。3交差組のように、交差数を表示したい時に主に使う。 ハブから接線方向にスポークを出すことによって交差組となる。1874年に考案された。それまではハブから放射状にスポークを出す放射組しかなかった。 ハブからリムへのトルク伝達に有効なので、ほとんどの自転車の後輪は交差組となっている。スポークの放射線からの角度は、スポーク数と公差数で決まる。