PR: 自転車パーツ売れ筋ランキング

コンパクトフレーム (compact frame)

伝統的なロードバイク上管(トップチューブ)は水平であるのに対し、立管(シートチューブ)を短くして上管を頭管から立管に向かって下方に傾斜させたフレーム(右図の赤色)。
フレームを上から押しつぶしたような形でコンパクトとなっている。
立管、上管およびシートステイが短くなるので、少し軽くなりかつメーカーは少ないフレームサイズで多くの身長の人に対応できる。 一方、サドル支柱が長くなるため、剛性が低下する。空気抵抗上の利点はない。
メーカーは、Glacier Bikes 、など。
PR: 自転車用パーツランキング