カーボンラミネート (carbon laminate)

炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗にカーボンと呼ばれる)をアルミ合金などに積層(ラミネート)すること。ホイールリムの例では、アルミ合金の1.3mmの壁厚を0.7mmに減らしてCFRPを積層し、強度を上げると同時に軽量化している。リムブレーキパッドがあたる部分は、アルミ合金のまま残している。カーボンラミネートのあるリムはカーボンラミネートリムという。