ブレーキブースター (brake booster)

概要
ブレーキ座補強部品。ブレーキに加えた力が、前輪ブレーキ座のあるフォークまたは後輪ブレーキ座のあるシートスティの変形(開き)に使われるのを防止し、ブレーキングに有効に使われるようにするための補強用部品。
適用ブレーキ
Vブレーキ及びカンチブレーキなどに使うことができる。
形状
左右のブレーキ座を真直ぐに連結するのが望ましいが、車輪と当たるため馬蹄形をしている。
その両端にはブレーキ座に固定するためのボルト穴が開いている。 ボルト穴はブレーキ座の間隔と合わせられるよう長穴となっている。
効果
フォークまたはシートスティの剛性によって変わる。ブレーキ反力に対する剛性の小さいものほど、補強効果がある。
逆に、元々高剛性に出来ているものにはさほど効果が現れない。
取付
ブースターおよびスペーサーの厚みだけ長い六角穴付きボルト(M6)が付属している。
取付にあたっては、ブレーキ固定ボルトを外し付属の長いボルトでブレーキ及びブースターを同時に付ける。
材質
アルミ合金、マグネシウム合金、鋼または炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)など。
質量
本体の質量は45~80g。
メーカー
Brunn Bike PartsPaul Component Engineering 、など。